漢方のススメ

漢方大辞典

慢性疾患で薬の副作用が心配な方は漢方薬がおすすめです。

病院にかかると大抵の方はなにかしらの薬を処方されると思います。
その薬を飲む事で症状が緩和して楽になりますが、薬の種類や体質によっては副作用に悩まされる事が多いです。
大抵の薬品は多かれ少なかれ何かしらの副作用が現れると言っても過言ではありません。
医者はその副作用のリスクを極力減らす事の出来る処方をするように考えて組み合わせます。
慢性的な病気等長く付き合っていく必要のある病気を抱えてしまった場合、薬も飲み続けなければならないので最も悪い病気が治療されても、くすりの影響で他の部分に悪影響が出てきたり、不安を感じる方も多いのではないでしょうか。
そうした方に試して貰いたいのが漢方です。
漢方は自然に生息している生薬から精製されるので科学物質の組み合わせで作られる薬品と違い副作用のリスクが限りなく低いです。
病状によって異なりますが即効性よりは身体にじわじわ効いてきて体質を改善させていく事が期待出来ますので、慢性疾患には特に効果が期待できます。
この病気にはこれという薬ではなく、その人の体質に合わせて薬を処方するので効果を最大限に発揮するには漢方に詳しい専門医に診てもらうのが良いでしょう。
西洋、東洋、病状よって得意分野が異なるので興味がある方は一度医師に相談してみるものよいのではないでしょうか。

原因のわからない不快な症状は女性外来で漢方治療

女性特有の原因不明の不快症状について行き場に悩んだ人たちの助けとなるのが女性外来です。
担当医の多くは内科医ですが、専門を生かしながら、患者を全人的に診るということを目指しており、治療法としては器質性疾患には効果が明らかな西洋医学を選択し、多岐にわたる主訴や症状に対しては西洋医学、東洋医学にこだわりなく有効と思われる方法が選択されます。
循環器の分野では漢方を使うことは稀ですが、女性外来の場合は、半数以上が漢方を第一選択薬としている現状があるのです。
中には、生活の質の改善という見地から見て明らかに東洋医学に軍配の上がる多くの病態が認められます。
主に生理痛や生理前のイライラ、女性に多い長年の偏頭痛に対する悩みなども解決に導いてくれます。
また、患者側からしても、身体にあった生薬を飲むということはご飯をたべるのと同じこととしてとらえられるので、西洋医学の中には確かに効き目はあるものの、効果が高いものほど副作用も強いというのがあるのに対して、漢方は副作用などの心配もそうなくなり安心して薬を飲むことができるというメリットがあります。
その他にも、本来もっている回復力をよみがえらせるという効果も期待できるのです。


recommend


評判の通訳養成学校を東京で紹介中です


ドッグフードの比較サイト




2020/2/26 更新

『漢方』 最新ツイート

@izumiyuuho

コロナだったら困るから、と長々咳が出るとか微熱が続いているとか言っても、気管支炎を疑ってくれもしなくて、結局咳が常態化しつつある。 自分で薬局で麻杏甘石湯かって飲んでるけど、漢方自腹だと高いんだよね。 スッと咳収まるからありがたいんだけど。

1分前 - 2020年04月03日


@mkch612

まじで記憶力ゴミすぎて今年は資格取れる気がしない医薬品も漢方もやばい^^

2分前 - 2020年04月03日


@akiba_nekoudon

@viotaca 欧州の人達は普段から薬草系を飲んでる人が多いから一般的らしいけど、アジア圏だと薬草系と言えば漢方とかだし(; ・`д・´)なんかもうそれだけで苦そうってイメージが先行しちゃう。でもそういや薬草系バーとか何かで見たなぁ・・

4分前 - 2020年04月03日


Copyright(C) 2015 漢方大辞典 All rights reserved.